生き急ぐことと苦労の前借り。

先週忙しすぎて無理が祟ったのか目眩や頭痛の症状がちょろちょろ出てきたのと

橋本病の診察も去年の10月を終わりに出来なくなっていたのでこれを機会に

甲状腺を根本から診てもらいに専門医に初めてかかりました。

甲状腺自体は元々は専門科というものは無いのでインシュリン等ホルモン分泌を診る

「内分泌科」で診てもらうのが一般的です。

ただ、近くはないですが通えなくはない距離に甲状腺専門の病院があったので

先週末診てもらったら「橋本病自体を疑って白紙に戻してから治療方針を改める必要がある」と言われました。萎縮性甲状腺炎かバセドウ病が疑われるが現状、何とも言えないと。まぁまぁの量のホルモン剤を6年間飲んでいたのは何だったんだろう。

 

あ、バイトは辞めました。

勤務先には体調崩してしまって申し訳ないですが、給与説明も無く給与明細見たら最低賃金で唖然としたのもあります。それで夜勤以外シフト詰めて殺す気でしょうか。

並行して家業と家事もしているのは説明しましたが。廃棄を渡して現物給付とでもいいたいのでしょうか。腑に落ちないモヤモヤ。

 

辛気臭い話は置いといて。

考えればあと2ヶ月ちょいで30になろうとしますがライフステージの半分済ませたので残っているとすれば「子育て」「親を看取る」ぐらいでしょうか。生き急いだ感がすごくある。

もう結婚もする気ないかな。展望とすれば35迄に食べていけるぐらいのスキル持てればいいや、ぐらいです。

ただ欲を言えば父に孫ぐらいは抱かせたいかな、それぐらい。

もっと欲を言えば母に愛されたかった。もう難しいけど。

20代最後に色々初めての経験がテトリスのように降りてきたけど大体誰しもが経験することだじから、と苦労の前借り思ってやり過ごしてます。

 

最近父は少し情緒は安定して安心しました。ずっと介護と仕事と家のことばっかりだった中から介護が終わって少しずつ前を向いているような。

祖母が亡くなった直後の不安定さは大分心配しました。考えたら母と別居してからずっと祖母と暮らしていたから。

祖母の衣服を処分するぐらいには前向きにはなっているかな。

衣服を処分しても祖母は私と父の中で思い出として生き続けるから、たまに思い出せばいいかな。ぐらいのスタンスです。

それでも今はたまに仏壇の前で泣いちゃうけど。ばっちゃんごめん。

 

四苦八苦の中に死別も苦しみとして入っているそうですが、本当にそうだなと思う今日此頃。

5月が終わり6月。

5月が終わりました。日々忙殺という言葉が相応しい月でした。

ただ、4月よりは余裕が少し生まれました。

しかし、どうにか出来た余裕にバイトを上手くかませたので、新しいリズム作りに苦慮しながらバランスを保っているのが事実です。

来年の年明けが終わるまではこの調子なので、どうにかこにか倒れないように。

 

と思っていたら目眩がまた最近酷くなってきました。

耳鼻科では問題が無かったのと頻脈とかなり低血圧が酷いので自律神経失調症と言われて。今までどんなにストレス溜まってもそういったことは無かったのに、30手前に色々身体に一気に来て「これがストレスか…」と思ってます。

ただ、目が開けられないのと歩けないのは生活に支障が出るので、特効薬マジで欲しいです。

一つ願いがあるとすれば、時間に追われて食事や睡眠時間を削ることに必死になっているので薬よりも

2週間ぐらい逃避行すれば治ると思います。笑

 

 

自分の時間は勉強している間だけですが、今となっては勉強に少しの時間でも没頭出来る環境に感謝してます。

どんなに辛い時も眠い時も勉強している間は集中しているから嫌な事をその間は忘れられるっていいなー。

と思います。祖母のお通夜の日も泣きながら過去問解いてたぐらいには私の逃げ先にはなっています。

もうすぐ2月末から始めた過去問440問終わるので、それと同時に違う資格の分野に移行して2周目と並行していくことを模索するのが6月の目標です。

 

さて、今月も頑張ろう。

 

朝靄の中で。

夜更かしを超えて気がついたらこんな時間でした。やること多いんだよ。キャパ超えてるけど時間は有限だからしゃーない。

 

一昨日の投稿をした後に、

「満中陰法要が全てではないし…母に会って倒れたり面倒なことになる前に早めに欠席連絡しとこう」と伯父に欠席の連絡をしました。

会場を押さえているので早めがいいかな。と。

本当は参加したかったけどね。しゃーない。

 

祖母は思春期は特に私の母親代わりであり、精神的な拠り所でもあったので、哀しみより重たい感情が渦巻いててこれを喪失感と呼ぶのかもしれないな、と思う今日この頃。

 

去年秋、祖母の退院後に

「私は前しか見ない」と真剣な眼差しで言っていたのをふと思い出して、後ろを少しでも向いたら飲まれてしまうほどに、祖母にも背景に色々あったことを後に見聞したので、本当に精神的にも肉体的にも生き抜いたんだろうな。と。

94にもなったら見たくないものも自然と見てまうしね。3分の1も生きてない小娘が言うのも何ですが。

 

満中陰法要の日、納骨の時間は知っているのでその前にこっそりと墓地へ祖父にお礼とお願いをしに行ってきます。

祖父も今は一人で眠っているから。寂しいだろうな、と。

一人ぼんやりと登山をしつつ行ってきます。

 

 

先日、頭痛で何も出来なくてぼんやりしてた時にある友人から回復したと連絡が来て。回復したての頃に申し訳ないけど、ここ2ヶ月のことを話ました。つらつらと。

友人、物凄く聞き上手で。なんだろう、相槌が上手いというか、でも的確に短い言葉で返すんですよね。

「そういう気持ちって止める方法あらへんもんなぁ〜私も分かるだけによぅ止められへんわぁ。」

そう言う彼女も色々あって、今も精神・知的・身体に障害を持っている中、お子さんを育てているので本当に頑張っているけど、

「私なんて全然頑張ってへんよぉ〜何もできへん。周りに頼ってばっかりいるわぁ。」

そう彼女は返すのですが、医師から10分以上立たないようにとドクターストップかかっている中、車椅子生活って育児や家事するには大変なのに本当に上手く障害と付き合っていて、本当に努力に努力を重ねているんだな、と思いました。

病気や障害を盾に甘える人間は私も含めて多く居ますが彼女の場合はそれを理由にせずに頑張っているから周りが自然と助けてくれるのかな、と思って。

 

話は少し変わりますが、ご自宅に遊びに行った時に映画の「青い春」を初めて見せてもらったのですが、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの挿入歌の入れ方や松田龍平の演技に鳥肌が立ちました。かっけぇ。センスええ。

お子さんもめっちゃ元気やし、それでいて何も言われなくても学校から帰ってすぐに宿題してて偉い…いきなりDSのマリオブラザーズの最終面を渡された時は流石に沢山マリオが亡くなりましたが。できねーよ。

 

なんとなく私も少しは幸せになってええんかな、と思った今週でした。

 

朝イチバイトやから早く寝ないと。もう空が明るいや。

少し寝ます。おやすみなさい。

おはようございます。

色々バタバタしてますが、先月よりも少し余裕が出来ました。おはようございます。

睡眠時間が取れるようなったのが大きいです。

 

GWの最終日に母が線香を上げるという名目で

自宅に来て、長い時間居座って何を思ったか叫ばれたので疲れています。

 

貴方は祖母が死んだらきちんと線香上げるんですね。

生前は家で転倒した祖母を横目に、そのまま帰ってしまうのに。

 

私も母と会うと疲れが身体にまで出るようになったので満中陰法要には参加したいけど、参加出来ない。これだけの理由で不参加も変ですが。前回も初七日の時に横に母が座っただけで糸が切れてしまったように倒れたので

もういいかな。と。

 

直前に満中陰欠席するのが失礼なので、

伯父に満中陰の欠席連絡してその日は少し家から離れます。

勿論それ迄の段取りはしっかりしますが。墓石の確認もしなければ。

 

本当は母が欠席すればいい話ですが、

遠縁の自分に関係のないお葬式・満中陰巡りが趣味の彼女に何を言っても無駄と痛感したGWでした。

 

申立ての準備はしているのでこれで実質縁を切れる事を願います。

令和。そして満中陰。

改元となり、令和を迎えました。

何らいつもと変わらないGWですが、いつもこの時期は仕事をしていたので

なんだか新鮮味があります。

 

崩御でなく、退位という形での改元なので悲しみが無いままの改元

心置きなく祝賀ムードに浸れる。そんな所でしょうか。

令和を迎えた瞬間何してたっけ。いつもの通り過去問問いてました。

父曰く、「前の時(昭和天皇崩御)は通勤途中の電車の中で知った。」と言ってて

祝賀どころか、国民全員喪に服してそれどころでない、という事だったと。

何ら変わりないことが有り難く感じる昨今、普段通りでいいかな。と思いました。

 

今日は祖母の満中陰です。住職曰く。西と東で満中陰の日が違うらしい。

仏壇の中にあるものも昨年の地震で一部欠けていたり、配置がリセットされているので

今日中に仏壇屋行って並べ方、供養の仕方、磨き方聞かないと。

漆とか銅とかメンテナンスわかんないし。

GWなのにやること多いや…。

 

満中陰法要の取りまとめ、会場は押さえているけど細かいこと詰めて。

あと、お墓も一度雑草とか取り除かないと。もうすぐ彫り終わるし。

で、その後取引先に挨拶、お知らせの葉書送って。親しい方には電話して。

当たり前だけど、初めてのことばかりで。体力があるうちにこういう事も経験だな。

と思ってやってますが、一人だとキツいですね。殺す気か。

お金関係や運転が必要なこと以外は私が3月頭からやってます。

権限なくても出来ることは全部。たまに愚痴言いてぇ。だからここに少し書いてる。

でも、最近良く眠れるようになりました。普通に早朝から動いて昼寝しなければ夜11時には夢の中です。でないとやってられねぇ。

 

祖母が梅仕事していたのを思い出したので今年は梅酒漬けようかな。

下戸だけど。

 

スケジュール帳眺めていてもここ一年は何も出来ないことが解ったので目の前の事に集中します。

12月の本島逃亡計画を楽しみに。

 

今日もファイトです。

平成最終日。

平成最終日。明日から元号が令和になります。

平成生まれなので元号チェンジは初めてですが、意外と何も変わんないなー。と。

書類関係の日付が変わるかなー、ぐらいで。

穏やかに迎えればそれでいいや、って感じです。もう四時間切ったし。

 

今日はなんとなく平成最後の日、ということもあったので二階の自室をやっと模様替えしました。

夏頃に私が来たときは本当に物置!!!ホコリヤバイ!!!足の踏み場もねぇ!!!

といった感じだったのもあって、自分の荷物や家具はやっつけで置いたままだったので

今日やっと。

 

動線考えながら早朝から家具を動かしたりメジャー片手に余分な部分を測りながら掃除とかしてカラーボックス余っていたのを作って今に至ります。

大分快適にはなったかな。あとはモノを整理して詰めるだけ。

ただ、コンセントが1つしかないのは致命傷です。当分は延長ケーブルで頑張りますが

多分タコ足かましてエアコンのコンセントからも電源取らないときついかなぁ。

1500Wの壁、恐るべし。

阪神淡路大震災で被害受けたときも二階は触ってないらしいので、仮に屋根裏配線を

屋根裏にお住まいのネズミさんに

「ガブッ☆」

とされただけでも家電まで逝ってしまうという。

屋根裏を覗いた父曰く「いくら昔でもこの配線雑すぎるやろ・・・」とのことでした。

私も結線の仕方が今ひとつわからないので、頑張って勉強しよ。法に触れない程度に。

 

 

平成最後≒20代最後、ですが最後に祖母を入院させ、その間父と二人だけで

部外者が煩い中奔走し、祖母を看取り、その後は葬儀社とすぐに打合せをして

なんやかんやでもうすぐ満中陰。孫の代で動いているの私だけなのは何か変だけど。

まだまだ終わってない事が多いですが、殆どは父にしか出来ない仕事なので日々頑張ろう。

 

 

祖母を視て思ったのですが、超高齢者とはいえ死ぬのも苦しいねぇ。と思いました。

寝ているだけなのに心拍180。不整脈で脈の間隔がバラバラ。寝ているだけなのに心臓は常に100mダッシュ状態。酸素も最大量入れているけどそんな感じ。

意識不明で寝たきりなので、普通なら看護師さんが床ずれ防止のために寝返りを体位変更もできないから、落ち着いた時にマットレスを変えてもらうぐらい。

それでも、最後の処置の時には酷い痣のような床ずれがあったから、痛かったんだろうな。

 

いくら戦火を抜けてきた祖母も、流石に寿命だけは避けられない。

そして、死なない人は居ない。でも祖母は前々から「本当に人生楽しかった。」と

過去形で終わる言い方でずっと言っていたから自分の人生に満足していた。

と勝手に考えると、無理に延命させるよりも良かったのかもしれない。

と、今となっては思います。だから悲しみも来ないのかもしれない。

なんて、自分勝手に考えてます。

 

仏壇の間に祖母を移動して、お線香を上げている間、そう思いました。

大正、昭和、平成の最後まで人生を駆け抜けた祖母。

 

あぁ、祖母はよく言ってました。入院するまで。

「このババァの遺伝子継いでいるんだからお前も頑張れ!」

令和も頑張ろう。

晴耕雨読

早朝から家具を組み立てたりゴミ出しに追われて合間に本を読む雨降りの日。

晴耕雨読とはよく言ったものです。もうすぐそんな生活も少し崩れるけど。

 

平成ももうすぐ終わるんだなー早いなー。平成以外生きていないので次の元号に向けての思いなんて特には無いですが、放っといても一週間足らずで令和は来るので決意表明はまた次回。その時まだこのブログをしていたらね。

15年放置する私が書くので期待ナッシングで宜しくです。

 

 

本は最近図書館でしか借りてませんが、本当に欲しい本があって。

中古で申し訳ないけど、Amazonで買いました。「ハゲタカ」シリーズ。

ハゲタカは様々な登場人物が入れ代わり立ち代わりその視点から登場し、経済小説でもとても読みやすい。久々に熱中した本です。

無印版と続編のⅡで時折、新渡戸稲造やら坂口安吾の言葉を引用しているのが好きです。

たまに資料や情報量ぶっ込みすぎな本だと、著者によっては凄く読み進みにくいのですが、そういうことも無いので夢中で読み進められて、また所々に含蓄が有るので素敵。

届くのが楽しみです。

 

坂の上の雲」も途中の6巻目までしか読んでないので多分忘れてる…。

無駄に積読が増えていくけど、本を読むのが負担になってしまうと本末転倒なので

地味に楽しみます。

 

 

さて、とりあえず家事と残った仕事をして、とっとと寝ます。

おやすみなさい。